ニュース

PJSEZと山本ファームが連携して、農業、食品加工業を誘致

ラオス南部にある「ボラベン高原」こちらは、メコン地域でも有数の農産地です。こちらの最大の特徴は一年中25度前後と冷涼な気候であることと、年間降雨量が 3,000皿にも達するという点です。つまり一年中温帯作物の栽培が可能です。現在栽培されている主な作物は、コーヒー、茶、生姜、白菜、キャベツ、唐辛子、落花生、サツマイモ、ドリアン、肉牛等と なっています。この地で操業する山本ファームとPJSEZが連携し農作物の栽培、そして加工場所としてPJSEZを使用してもらえるよう。農業、加工の両面からお客様のサポートをします!詳細はこちら ➡ 山本ファームとの連携