運営会社

  • 会社概要
  • 経営方針
  • 社長より
  • 政府代表者より
  • 沿革
会社名: パクセー・ジャパン SME SEZ 開発 株式会社
設立日: 2015年12月12日
資本金: 100,000US$
株 主: ラオス政府国家経済特区委員会
サイサナグループ(ラオス企業)
サワン TVS コンサルタント (ラオス企業)
西松建設株式会社(日本企業)
1. ラオスと日本の友好関係の発展に貢献します。
2. 日系企業専用の工業団地を目指します。
3. 現地の雇用を促進し、人材育成に貢献します。
4. 日系企業が安心して進出し、安全に操業できる魅力ある工業団地を目指します。
5. 自然環境に負荷の少ない、ラオスの自然環境を生かした工業団地を目指します。
2015年8月、ラオス人民民主共和国に日系中小企業専用として初めてとなるパクセー・ジャパン日系中小企業専用経済特区が認可され、翌2016年1月にこの特区の開発・運営を行なうパクセー・ジャパンSME SEZ開発株式会社を設立しました。

出資者は、ラオス国家経済特区委員会チャンパサック経済特区、地元企業のサイサナグループ、ラオス進出支援の経験が豊富なサワンTVSコンサルタント、日本を代表して参画した西松建設の4者です。 4者がそれぞれの経験、リソースを活かして、日系中小企業の皆様の進出のお手伝いをさせて頂きます。

これまで多くの日系企業の皆様は中国、タイ、ベトナムに進出されておりますが、人件費の高騰、リスクの分散等の理由により新規進出先としてラオスが注目を集めてきております。チャイナプラスワン、タイプラスワン、ベトナムプラスワン、そして日本から進出される日系企業の皆様が安心して、安全に操業できる工業団地を目指して参りますので、お気軽にご相談ください。

2016年12月
パクセー・ジャパン日系中小企業専用経済特区は昨年2015年8月に認可され、本年2016年5月に開発工事がスタートいたしました。

この経済特区は入居者を日系中小企業に限定していることに特徴があります。これはラオス政府が日系製造業をラオスに呼び込み,ラオス・日本の友好関係の発展,ラオスの工業化の促進を目的としています。また,中小企業に限定しているのは,大量に労働者を採用する大企業ではなく中小企業に限定することで,人件費高騰や人材引き抜きを抑え,日系中小企業が安心して操業できる環境をつくること,ラオスの労働法に基づいて,ラオス人の為に働く場所を作ることを目的としています。さらに,ラオス政府の2020年までに貧困・途上国から離脱する計画を成功させる目的でもあります。

私たちは他国にはない、ラオスで施行されている合意書,法令,法律,手厚い優遇税制等の恩典,迅速に対応する為にワンストップサービスによる進出支援により,日系中小企業の皆様の進出を最大限支援致します。

ラオス政府、チャンパサック県、そしてパクセー・ジャパン日系中小企業専用経済特区関係者一同、皆さんの進出を心よりお待ちしております。

2016年12月
【2015年8月5日】
パクセー・ジャパン中小企業専用経済特区が認可(コンセッション契約調印)

【2015年12月12日】
パクセー・ジャパン SME SEZ 開発株式会社 設立調印(西松建設参画)

【2015年12月17日】
パクセー・ジャパンSME経済特区の管理規則および投資促進法令公布
 
【2016年 1月】
投資許可証及び企業登録証発行

【2016年 5月】
第1期工事着工

【2016年 7月】
販売開始

【2017 12月】
レンタル工場の建設開始